Junji 自然to暮らしのデザイナー@GlocalGreenLifeLab

地球と自分を大切にする暮らしの実験室

食べられる庭から「公共」を見直す

こんにちは。

じゅんじです。

"自然とつながるサステナブルな暮らし"

"自分を大切にするセルフケア"

をテーマに記事を書いております。

______________________________________________

過去の記事から、おすすめする記事

junji-greenlab.hatenablog.com

 

この1週間、「公共」の意味を
見直す時間を過ごしています。

静岡県のとある公共施設で
「食べられる公共施設」をつくるプロジェクトに
参加させていただきました。

「食べられる公共施設」とは
施設内のガーデンに
食べられる果樹などの植物を植えたガーデニングから
「人と人」「人と自然」をつなぐ公共施設にするプロジェクト。

そのプロジェクトにこの1週間、
地元の小学校と中学校の方と一緒に
作ってきました。

経験から違う見方をする

画像

作業としては
こども達も一緒に
植える環境をいちから作り
実際に果樹などの植栽体を作っていく作業です。

ノコギリで支柱や植栽体の枠となる竹も切り、
こどもの身長と同じ長さの農具も使うし、
枝切りばさみも使うし
そのような使い方を間違えると危険なものを使いました。

しかしこの道具を使うことで
自分たちが食べられるものをつくることができます。

道具は体の一部であり
その道具を使うとまた違ったモノの側面が見られると思います。

ノコギリを使って竹を切ったとき
竹の味方は無意識に変わり
自然から得られた竹が自分の生活に活かせることを
体を使って学べたら嬉しいです。

自分のペースでゆっくり道具を使って
モノを新たな形に変えて
やり遂げた成功に喜んでいる姿を
目の前で見れてとてもよかった。

見守る先生方と施設のスタッフの方とご近所の方々の姿、
新しいことを楽しんでいるこども達がいる空間は
とてもよかった。

「食べられる」のインパクト

画像

「食べられる」このインパクトは大きかった。

公共のガーデニングといったら
綺麗に整えられた色のついた花が咲くような植物ばかり。

この続きはcodocで購入